体質の改善

エステを受ける女性

ここ数年、多くの利用者から注目を集めている痩身エステの一つに、キャビテーションというものがあります。
これは脂肪が気になっている部位に、ボディスカルプの超音波を照射して、脂肪細胞の細胞壁を破壊させてしまう施術です。
人間の体は、余分に摂取された脂肪が脂肪細胞内にため込まれてしまうことによって太ります。
でも、脂肪細胞自体がなくなってしまえば、いくら余分に摂取した脂肪があったとしても、ため込むことができなくなります。
保管場所を見つけることができなかった脂肪は、そのまま便として排泄されることになりますので、太る心配をする必要がなくなります。
太りにくい体を作ることができれば、つらい食事制限などで悩まされなくなりますので、とても高い人気を呼んでいます。

美容外科クリニックでも、エステサロンで行われているキャビテーションと似たような効果のある治療を受けることができます。
それは、脂肪吸引や脂肪溶解注射です。
そもそもキャビテーションには「切らない脂肪吸引」という別名がつけられているのですが、ここで引き合いに出されている脂肪吸引は美容外科クリニックで行われている脂肪吸引手術のことです。
美容外科の脂肪吸引では、体にメスで切開口が作られ、そこから脂肪細胞が吸引されます。
時間をかけて脂肪の排出を待つまでもなく、その場でスッキリと脂肪をなくしてしまうことができるというメリットはありますが、体が大きなダメージを受けてしまうというデメリットもあります。
ですので、自分が即効性のある治療を希望しているのか、それとも低リスクの治療を希望しているのかを、よく考えてみる必要があります。